葬儀の知識

【新盆】高灯籠について

掲載日:

【新盆】高灯籠について

新盆のご自宅で使う高灯籠は、新しくご先祖様になったご家族が家を訪れる時、迷わず着けるよう目印のために使われます。
以前は長い竿に灯籠を付け屋根くらい高いところで吊るしていましたが、最近は高い場所にたてる家も減ってはきており、玄関や入口の吊るしやすい所に用意することもあります。

病院で亡くなられた場合

掲載日:

病院で亡くなられた場合、長時間ご遺体を預けておけないことが多いため、葬儀社に連絡して搬送の手配をします。
※看護師に搬送の時間やタイミングの相談をしてください。 
※大規模な病院では病院と提携先の葬儀社が病室から霊安室へのご遺体の移動を行うことがあります。
その際、営業活動をしてくる場合もありますが、事前に決めている葬儀社がある場合は丁寧にお断りしてください。


        ↓

病院を出る前に病院側から「死亡診断書」が発行されます。
動揺されている時ですので慎重にご確認ください。

        ↓

病院からの搬送先は通常の場合、ご自宅又は葬儀社の霊安室などが多いです。
ご葬家様のご都合をお伝えください。

        ↓

ご安置が終わると葬儀についての打ち合わせになるケースが多いです。